薄毛とは、通常とは違う顕著な脱毛症状のことであり、その対策商品や薬品を宣伝する際に使われる用語でもあります。
原因はさまざまで、年齢や性別を問わず症状が現れることもあります。

主な種類としては、AGAと呼ばれるものや、円形脱毛症などのストレスによるもの、そして老化現象によるものなどが挙げられます。



最近とくに注目されているのがAGAと呼ばれる脱毛症状であり、男性型脱毛症とも呼ばれています。


AGAの特徴としては、20代などの比較的若い年齢にも多く見られることと、現在広く見られる薄毛の主な原因だと考えられていることなどが挙げられます。

Yahoo!知恵袋情報があれば全てが解決します。

AGAが引き起こされるメカニズムは、男性ホルモンであるテストステロンが、毛根の周囲に存在する酵素の働きによってジヒドロテストステロンという物質に変化し、その物質が毛母細胞の働きをストップさせるというものです。

実際の症状は、頭髪が柔らかく、または細く短くなり、最終的に髪が少なくなるというもので、形態としては、額の生え際から薄くなっていくタイプや、頭頂部から薄くなっていくタイプ、さらにこの二つの複合タイプや、全体が薄くなっていくタイプなどがあります。

AGAの特効薬としては、フィナステリドと呼ばれる成分を含んだ育毛剤が知られており、医師の処方によって利用することができます。



さらに薄毛に効果があるものとしては、血管拡張作用のあるミノキシジルと呼ばれる成分を含んだ育毛剤や、頭皮環境を整えることを目的とした育毛シャンプーなどがあります。




Copyright (C) 2014 薄毛の概要と最近注目のAGAについて All Rights Reserved.